1. TOP
  2. 亜麻仁オイル
  3. オメガ3を多く含む油? NHK「ガッテン!」で「スプーン1杯でカラダが激変!?食べるアブラの新常識」が放送

オメガ3を多く含む油? NHK「ガッテン!」で「スプーン1杯でカラダが激変!?食べるアブラの新常識」が放送

 2018/11/21 亜麻仁オイル
この記事は約 7 分で読めます。 874 Views

今回のNHKの番組のテーマが油です

2018年11月21日(水)午後7時30分、NHKで「ガッテン!『スプーン1杯でカラダが激変!?食べるアブラの新常識』」という番組が放送されます。

(再放送は2018年11月24日(土)午前0時25分)

この番組の放送内容をNHKのホームページで見てみると・・・

オリーブオイル、ココナツオイルに米油…。いまや油も好みで使い分ける時代だが、実はほぼすべての日本人に不足し、積極的に取ってほしいという油があった!1日スプーン1杯、その油を取り足すと、なぜか体重が減少する人が続出!中性脂肪の値を改善し、心筋梗塞のリスクを下げる効果も期待できることがわかってきた。ただしその効果を十分に得るためには、食べる時にひとつだけポイントが!それさえ守れば、カレーやラーメン、ビールに入れて飲んだってOK!おいしく食べて健康になる、夢の油の正体とは!?

NHKホームページから引用

「夢の油」と謳われている油とはなんでしょうか。

このブログを書いている時点では、番組でどの油のことを言っているのかは分かりません。

しかし、血中の中性脂肪を下げる作用、血栓ができるのを防止する作用、高血圧を予防する作用があるといわれている成分をもつ脂肪酸は分かります。

それは、「ω-3脂肪酸(オメガ3)」です。

 

ω-3脂肪酸(オメガ3)とは

ω-3脂肪酸(オメガ3)とは不飽和脂肪酸の分類名です。植物油の主成分である脂肪酸のなかで「α(アルファ)-リノレン酸」がオメガ3の代表です。

ω-3脂肪酸(=オメガ3=α-リノレン酸)は、絶対に必要なのに体内ではつくることができず、食品からとらなければならない油の成分の1つです。これを必須脂肪酸と呼びます。

α-リノレン酸の効果

α-リノレン酸は、血中の中性脂肪を下げる作用、血栓ができるのを防止する作用、高血圧を予防する作用があるといわれています。

α-リノレン酸を原料にして、 DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が体内でつくられます。

DHAは主に赤血球や細胞膜を柔らかくする効果があるため、脳内に入り神経細胞膜を柔らかくすることで記憶力や学習能力を向上させる働きがあると言われています。

EPAは、血液中の血小板を固まりにくくすることで血管の詰まりを防ぐ抗血栓作用があるといわれており、血液をサラサラにするなどの効果が期待されています。

 

オメガ3を多く含む油は「亜麻仁油」

オメガ3は必須脂肪酸なので必ず摂取しなければならないのですが、残念ながら普通の食物油にはほとんど含まれていません。

α―リノレン酸の含有量の例を挙げると、大豆油は6%程度、キャノーラ(なたね)油で7.5%程度、バターに至っては0.3%だけです。

なので、普段の食生活ではどうしてもオメガ3は不足してしまいます。

そんなオメガ3が多く含まれている油で代表的なものが「亜麻仁(アマニ)油」です。

亜麻仁オイルの優れた特徴は他のオイルよりずば抜けてα―リノレン酸を多く含んでいることです。
ココグローブの「有機亜麻仁オイル」はα―リノレン酸を46%~73%含んでいます。
自然のものなので大きく変動がありますが、それでも他の油と比較してダントツです。

5~6割の含有量を持つ油は「亜麻仁油」の他はえごま油だけです。

それでは、ココグローブの「亜麻仁オイル」をご紹介いたします。

 

ココグローブの「有機亜麻仁オイル」が優れている理由

無添加、無農薬、無精製!イタリアで有機栽培された亜麻の実だけを使用した最高品質の亜麻仁オイル

南イタリアの有機農園で収穫された亜麻の種子を使用して作っています。有機の原料を使っていても日本の農水省の認証がなければ「有機」の名称は使えません。ココグローブは「有機JAS」認証を取得しておりますのでご安心してお召し上がりいただけます。商品ラベルの「有機JAS」マークがその証です。

 

 

 

収穫した実をコールドプレス(低温圧搾)したオイルなので栄養分がたっぷり

収穫した実をコールドプレス(低温圧搾)したできたオイルです。
また、産地にこだわりGMO(遺伝子組み換え)検査で合格したものだけを使用しています。遺伝子組み換え食品を気にされている方も安心してお使いいただけます。

 

 

 

現代人の必須脂肪酸であるα―リノレン酸(オメガ3)を46~73%も含むオイル

必須脂肪酸であるα‐リノレン酸がオイル46%~73%含まれています。自然のものなので含有量にはばらつきがありますが、通常の植物油と比較して断トツでα‐リノレン酸の含有量が多いのが亜麻仁オイルです。1日スプーン1杯で、必要な量が摂取できます。

 

 

 

 

 

遮光瓶に瓶詰めし、長期保管しても品質を保持

亜麻仁オイルは熱に弱いオイルです。品質を保つため遮光瓶を使用し光を遮断しています。容器を瓶にしたのは、BPA(内分泌攪乱化学物質としての懸念)を避けるためにプラスチック容器を使用せずガラス瓶にしました。長期間保存してもできるだけ安全に品質を保つようにしています。

 

 

亜麻仁オイルの使用方法

1 調理方法
そのまま食べたり、ドレッシングにしたり、調味料にあわせたりしてください。スムージーや納豆、お豆腐、スープ、サラダドレッシングにも最適です。
熱には弱く加熱には向きませんので生のままお楽しみください。

 

2 摂取量の目安
ティースプーン1匙で1日に必要な栄養素がとれます。一度にたくさんの量をとりますとお腹がゆるくなりますのでご注意ください。

 

3 保存方法と期間
開封前でしたら1年間ほどもちます。賞味期限を必ずご確認ください。開封後は必ず蓋をしめ冷蔵庫で保管し、1か月をめどに使い切ってください。


今回のブログでは「オメガ3を含む油? NHK「ガッテン!」で「スプーン1杯でカラダが激変!?食べるアブラの新常識」が放送」という記事をお届けしました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

\ SNSでシェアしよう! /

ココグローブブログ Health&Beauty Blog by CocoGroveの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ココグローブブログ Health&Beauty Blog by CocoGroveの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

cocogrove

cocogrove

この人が書いた記事  記事一覧

  • キャッシュレスで5%還元!ココグローブはキャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元制度)の対象ショップです

  • ブラックでも美味しい ベトナムコーヒー

  • 亜麻仁オイルのおすすめの使い方。正しい食べ方を知れば効果も増大!【亜麻仁油の摂取方法いろいろ】

  • 【ブーム加熱中の万能オイル】亜麻仁オイルを使用するときの注意点【亜麻仁油】

関連記事

  • 亜麻仁オイル(亜麻仁油)の原材料と歴史

  • 【ブーム加熱中の万能オイル】亜麻仁オイルを使用するときの注意点【亜麻仁油】

  • 【話題沸騰の健康オイル】亜麻仁オイル(亜麻仁油)で高血圧・コレステロール・糖尿病・腸内フローラの改善【健康効果】

  • 亜麻仁油は体に良い?『体に良い三大油』がTBSテレビ「ジョブチューン」で放送

  • 亜麻仁オイルのおすすめの使い方。正しい食べ方を知れば効果も増大!【亜麻仁油の摂取方法いろいろ】

  • 【更年期障害にお悩みのあなたに】ホルモンバランスが気になる方に亜麻仁油をおすすめする理由【亜麻仁オイル】